ラインモバイルの解約方法、違約金はあるの?

ヘビーラインユーザーにはとてもおススメなラインモバイル。

なぜ、おススメなのかというと、カウントフリー機能によってラインなどのSNSのデータ使用が使い放題なんです!
といっても、実は1日1GBの制限があるのも事実なのですが・・・。
詳しくはこちら→ラインモバイルのカウントフリー制限について

といっても、1日に1GBなんて普通の使い方をしていれば制限にかからないので、カウントフリーに制限があったとしても特に気になることはないので、やっぱりヘビーラインユーザーにはおススメです。

今回は、ラインモバイルの解約方法や違約金などについてご説明していこうと思います。

ラインモバイルの解約方法

ラインモバイルの解約方法はとても簡単。

PCかスマホでラインモバイルのマイページにログインして、「解約・MNP転出」から解約手続きを行っていけば解約できるので、とても簡単に解約することができます。

大手キャリアでは窓口まで出向いて解約しなくてはいけないことを考えると、とても簡単に解約できますね。

ただし、注意点としていくつかあります。

SIMは返却しなくてはならない

まず、解約後はラインモバイルのSIMカードを送料自己負担でラインモバイルまで返却しなくてはいけないということ。
大手キャリアはSIMは返却しなくてもいい場合がありますが、ラインモバイルなどの格安SIMは返却が必要なところがほとんどなので、もし解約する場合は忘れずにSIMを返却するようにしましょう。

現在では、

〒277-0834 千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1
ロジポート北柏501 LINEモバイル株式会社 解約窓口

こちらがラインモバイルのSIM返却先になります。
多分、解約するときにSIM返却のアナウンスがされると思うので、今からどこに返却しなくてはならないかとかは、あまり重要ではないですね。

月の途中で解約しても、解約は月末に

そのため日割り計算にはならないことになります。
解約の申し込みをしてもすぐには解約とはならず、月末まではそのままラインモバイルの回線を使用することができるようです。

また、一度解約をしてしまった場合、そのSIMでは再契約をすることができません。
新たにラインモバイルのSIMを購入し、契約をしなおす必要があるので注意が必要です。

ラインモバイルの解約違約金について

一番気になる所は、解約違約金についてですよね。

ラインモバイルは、音声通話SIMに限り、最低利用期間があります。
その期間内に解約をしてしまうと、10,584円の解約手数料が掛かってしまうので、解約する場合は注意してください。

ラインモバイルの公式サイトによると、

※最低利用期間:利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)

利用開始の月は最低利用期間に含まれないことになるので、実質13ヶ月の利用期間が必要になるってことですね。

また、データSIMの場合は最低利用期間の縛りはなく、いつでも解約手数料なしで解約することができます。

解約手数料は発生するのかぁと思ってしまいますが、それでも大手キャリアの契約と比べるととても良心的な契約かなって思うんですよね。

だって、ドコモだと2年契約が自動更新されてしまうため、違約金、解約手数料なしで解約できるのって、2ヶ月という短い期間だけなんですよね。
昔は1ヶ月でしたし。

13ヶ月経過すれば、その後はいつでも解約手数料なしで解約できるので、そう考えると大手キャリアと比べると、とても良心的かなと思います。

解約手数料が掛からないという格安SIMもありますが、その場合実はMNP転出手数料が、ありえないほど掛かってしまう所もあるので、解約するときに違約金、費用が掛かるのかという事は、どこのMVNOと契約するにしても事前にチェックするようにしておきましょう!