妊娠した? 妊娠の兆候とは

妊活夫婦にとって妊娠は願ってもない一大事ですよね。

意外とあっさりと妊娠してしまう夫婦もいれば、なかなか妊娠しないなぁという夫婦もいらっしゃると思います。

私の場合は、そろそろかなぁという時に出来ました。
2人目はどうなるのかなぁ。

そこで、妊娠を待ち望んでるご夫婦の方に、妊娠の兆候はこんなことがあるよという代表例を挙げていこうと思います。

代表的なものと言えば、「生理が遅れる」ですね。

多くの方の場合、「生理が遅れる」→妊娠検査薬等を使う→陽性→産婦人科

と言った流れになるのかなと思います。

それが普通だと思いますが、その時点ですでに妊娠からおよそ4週前後経過してることになりますね。

お腹の赤ちゃんは4~10週目に心臓など体の一番大事なところを形成すると言われているので、できることならもうちょっと早く気付いてあげたいものです。

大抵の場合、妊娠をするとホルモンバランスの変化によって体調の変化を生じるようです。

代表的な例を挙げておきますと

体が熱っぽくなったり、だるくなったり眠気が治まらない

肌が荒れる

便秘がちになる

おりものの量が増える

などなど。

精神的にイライラする

なんていうこともあるらしいです。

私の時にことを思い出してみると・・・・

元から便秘がちだし、怠け者なのでお休みの日は基本家でごろごろだし、正直体調の変化で妊娠かも?と思ったことはありませんでした(笑)

女性の体はデリケートなものです。

もし、体調に変化があったと思ったときは、それは妊娠したよというお腹の赤ちゃんからのサインかもしれません。

体調が優れないだけで、産婦人科に行くのはちょっと躊躇してしまうと思いますが、ずっと体調が優れなかったり、精神的に不安定な時期が続くようでしたら、妊娠検査薬などでチェックしてみることをお勧めします。

コメントを残す