高齢出産のメリット デメリット

日本も晩婚化が進んでいるので、30代を越えて結婚、初産を迎える人も増えましたね。

昔は20代の前半で結婚、出産するなんていうのが普通だったのに。

時代とともに価値観の多様化もあるので、どちらがいいのかとは一概には言えませんが、高齢出産に関する私の知識を述べていこうと思います。

高齢出産とは一般的に35歳以上の初産の事を言うそうです。

ただ、34歳までならリスクがなく35歳を迎えたら急激にリスクが高まるというものではなく、統計的に35歳くらいから出産に伴うリスクが増えてきますよ、っていうことらしいです。

今の時代35歳で初産を向かえる人なんて、ざらに居ますからね。
あなたが、35歳を越えていたとしても出産に関して必要以上に不安になる必要はないと思いますよ。
若かろうが、年齢がある程度行っていようが、初めて経験することなので大抵の人は心配になるので必要以上に不安にならないように、リラックスリラックス。

高齢出産のリスク

妊娠高血圧症候群

高齢出産の時に起こりやすいリスクの一つとして妊娠高血圧症候群というものがあります。

簡単に言うと、血管に対する負担が大きくなってしまい血圧が上がってしまうもの。
あなたが違っても自分の方の家系に糖尿病の気がある人がなりやすく、他にも肥満気味な人、濃い味付けが好きな人などがなりやすい病気と言われています。

高齢出産の方だけでなく、20代で出産を迎える人であっても定期健診はしっかりと受けお医者さんの言いつけを守ることでかなりリスクは軽減できると思います。
定期健診は面倒くさがらずにしっかりと受けましょう。

難産傾向

年とともに陣痛が来なかったり遠のいたりしてしまうことがあるようです。
他にも赤ちゃんの出口があまり伸びなかったりと、難産傾向にあると言われています。

ただ個人的な意見ですが、難産で苦しくて産んだ子ほどかわいいというのもあると思いますよ。

また、高齢で出産したとしても安産の人もいっぱい居るし、私の友達は20代で初産を迎えたのですが、「死ぬかと思った」と言う人もいるので、あくまで傾向の問題なので高齢だからって必ず難産になるということではないと思うので、あまり不安にならなくてもいいんじゃないかなぁと思います。

私の場合は、ギリ20代で初産を迎えたのですが、子供の頭が大きかったようで結構な難産でした(笑)
まあ、そういう事もあるのであまり心配しないようにしてくださいね。

ダウン症のリスク

やはり高齢出産を迎える人で一番心配なのがこれなのかなぁと。
とてもセンシティブな問題だと思います。

ダウン症児の原因として染色体の異常と言われています。
歳とともに赤ちゃんの染色体異常の可能性が高まるのでしょうか。
20代での出産時はその確率はおよそ0.1パーセントと言われていますが、40歳になると1パーセント前後の確率と言われています。

ダウン症などの染色体異常の有無などを調べることもできます。

出生前検査というやつですね。

色々種類があるようで、血液から染色体異常の可能性があるか調べるクアトロマーカー検査、染色体異常の有無を確実に調べる方法としては羊水検査などがあります。

ただ羊水検査に至っては、確実にその有無を調べられる反面、流産の確率も現実的な確率になっているようです。300分の1とか言われているみたいです。

実際私は羊水検査をしたこともないですし、医者でもないので、羊水検査に関する詳しいことは下記のブログをご覧ください(産婦人科のお医者さんのブログなので色々と参考になることもあると思いますよ)

きゅーさんが伝えたいこと

流産の危険性を受け入れてもその可能性を知りたい

生まれてくる子はどんな子でも私の子供

と、二通りの意見があると思いますが、私はどちらの意見も正解だと思います。

ダウン症の子供と楽しく幸せに生きているご家族もいらっしゃいますし、面倒を見ることや自分達がこの世から居なくなってしまった後の心配事などもありますし、とても重要でセンシティブな事柄だと思うので、高齢出産に当てはまる人はパパとどうするかと相談して置くのもいいのかなと思います。

意見が違った場合、大事な子供の事なので熱くなってしまうかもしれませんが、妊娠中なのであまり熱くならずにね。

ダウン症や何らかの先天的な障害を避けるための予防策として、葉酸を摂取するという方法もあります。
私も妊娠がわかってから葉酸のサプリメントを摂取し始めました。

食物から必要量の葉酸を摂取するのは、はっきりいって不可能です(笑)
ただでさえ、つわりで食欲もないのに。

妊娠がわかったら、欲を言えば妊娠はお腹に赤ちゃんができてすぐ分かるものではないので(生理の遅れなどで気付くのが一般的)、妊活を開始した時期から葉酸サプリメントを摂取しておくといいかもしれませんよ。

 

コメントを残す