ラインモバイルのカウントフリーには通信量制限があった

ラインモバイルはコミュニケーションプランを契約すると、ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムのデータ使用量が月々のデータ使用量にカウントされないという、とても嬉しい特典であるカウントフリーがあります。

「そうか!じゃあラインモバイルはとてもお徳だね!」って考えたあなた!

ラインモバイルのカウントフリーには実は制限があるの知ってました?

実は完全使い放題ではなかったラインモバイルのカウントフリー

カウントフリーと聞くと、完全に使い放題って思いますよね。
私もそう思ってました。

だけど、ラインモバイルのカウントフリーには実は通信制限量があるんですよね、実は。

その通信制限に引っかかってしまう量とは・・・・

 

1GBです。

ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタを合わせて1日に1GB使ってしまうと低速通信となってしまいます。

仮に低速通信となってしまった場合、ライン通話なんて何の役にも立ちませんよね。
しかも、自分が掛けた場合だけでなく、お友達から掛かってきたライン通話まで低速通信となってしまうようで。

ってなると、「ラインモバイルは全然お徳じゃないじゃん」って考えたあなた!

それもちょっと違いますよ。

1GBあれば何がどのくらいできるのか見てみましょう。

ライン通話 およそ16時間の通話
ラインメッセージ およそ20000000文字
写真の送受信 300枚(1枚300MBと仮定した場合)

これは、はっきりいって1日で使う通信量としては十分すぎるくらいではないでしょうか。

16時間ぶっ通しで電話する人なんて、極々稀で貴重な存在なのでは(笑)

ただ、ラインやツイッターなどで動画をよく観る人というのは、やっぱり注意が必要かもしれませんね。

動画って容量が物凄く大きいので、ツイッターの動画を例に挙げてみると1時間も観ると1GB近くのデータ通信量を使ってしまうことになってしまいます。
ですので、動画をよく観るって人はwi-fiを使うか、大人しくPCで観ていた方がよさそうですね。

ラインの規約にも実はしっかりと書いてあります

ラインを毛嫌いする人って私の友達でもいますが、そういう人は「やっぱラインってどうしようもないな」って思う方もいるかと思いますが、ラインの規約にもしっかりと書いてあるんですよね。

カウントフリー機能の利用により、他のお客様のご迷惑となるような、大容量のデータの継続的な送受信などを行った場合に、一時的に通信を制限する場合があります。

 

当然といえば当然ですね。
ラインモバイルも他のMVNOであっても、大手のキャリアから通信網をレンタルで借りてるわけで、その量には限界がありますから。

ラインモバイルの場合、それが1GBという事なのでしょう。

このようにラインモバイルのカウントフリーには1GBの制限が設けられてあります。

とはいっても、これは高速通信に限ったことで低速通信は1GB超えたとしてもカウントフリーのままです。

嘘はついてないですね(笑)

ラインモバイルのカウントフリーについてのまとめ

  • 1日1GB以上の使用で低速通信になってしまう
  • 1GBでも16時間ほどのライン通話が可能なので普通に使っている場合は気にならない
  • ツイッターやラインの動画、容量の大きいサイズのデータを送受信する人は注意が必要