妊娠3ヶ月目の傾向

妊娠3ヶ月くらいっていうのは、私の場合ですが、つわりのピークです。

本当につらい!
食欲がなかく、それでも「お腹の赤ちゃんのために何か口にしなくちゃ」とお水やフルーツジュースを飲むだけでも気持ち悪くなる始末・・・

ただ、妊娠3ヶ月目くらいを乗り切ると、あとはいざ出産!という時まで、比較的安定した妊娠生活を送ることができました。

なので、妊娠して3ヶ月目というのは、多分一番辛い時期だと思うのですが、なんとか乗り切りましょう!

つわりが酷いけど「何か食べなきゃ」って考えている方もいると思いますが、無理して食べなくてもいいと思います
もちろん、何も口にしない、というのはお腹の赤ちゃんのみならず、ママの健康にも影響があるので何かを口にするのがベスト。

その際、私が当時色々な雑誌を見ていたときには、「トマトがいい」、「いちごなら食べやすい」など色々な意見がありました。
好みも人それぞれかと思いますが、お勧めは「さっぱりしてい自分が好きな食べ物(特に果物)、もしくはそれ系のドリンク」を摂る事をお勧めします。

実際、妊娠3ヶ月というのは、お腹の赤ちゃんもまだまだ小さく、胎盤も形成しきっていない状況です。
その頃は、赤ちゃんへの栄養は、ママからの栄養というよりも、自分で栄養をまかなっている状況なんです。

小さいのに凄いですね、お腹の赤ちゃんって♪

胎盤の形成がされてくると、ようやくママからの栄養だったり酸素だったりが届くようになります。

なので妊娠3ヶ月目のつわりの厳しい時期は、お腹の赤ちゃんへの栄養という面ではなく、自分の体調管理、栄養管理という点で、何を食べたらいいのか、何なら食べられるのかを考えていくといいと思いますよ。

 

辛いのはこの時期がピークです!!
もうちょっとがんばりましょう!

コメントを残す