【意外と多い】 妊娠中の便秘について

私達女性は妊娠前から便秘がちかなぁという方は多いんじゃないでしょうか。

私も、毎日決まった時間にお通じが・・・という羨ましい状況ではなく、便秘がちでした。

しかし、妊娠するとさらにその便秘状況が悪化していきました。

便秘の理由として、「女性は腸が長いから」とか色々言われていますが、妊娠中は便秘に悩む人が多いようです。

その理由として

  • 妊娠を維持するためのホルモンの影響による腸の活動の低下
  • お腹が大きくなることによる、腸の圧迫
  • 妊娠中のために運動不足、水分不足

 

なんて事が理由として挙げられていますが、正直理由なんてあまり関係ありませんね。
妊娠中の便秘の理由を知ったところで、妊娠中の便秘解消に直結することもありませんし。
「へぇ、そういう理由なんだ」と、妊婦さんはその程度でいいと思います。

妊娠中の便秘対策

これに至っても、正直妊娠前の便秘対策と多分大差はないと思います。

水を飲む

つわりで何も口にしたくない、という状況もあると思いますが、コップ1杯でもいいと思います。
できれば、1日1リットルくらいのお水を飲むのが効果的なんていわれますが、私が妊娠中1リットルものお水の飲めたか?と聞かれたなら、「多分、無理」です。

しかし、冷たいお水は腸の活動を活性化させてくれるので是非飲むようにしましょう。

規則正しい生活

体にトイレに行く時間を覚えさせる、これも便秘対策の一つですね。
朝起きたら、お通じがなくてもとりあえずトイレに行って座ってみる。
これも便秘対策の一つの方法です。

「気休め程度かなぁ」とも思いますが、人間の体って意外と単純で結構すんなり行くときもありますよ。

食物繊維を沢山

便秘には食物繊維を沢山摂りましょうなんていうことは、世の女性にとって周知の事実。
もちろん、妊娠中も便秘には食物繊維という図式は当てはまるのですが、つわりが酷かったりして固形物を食べるのは無理!なんてときもあるかと思います。

私は、そうしたときはヨーグルトを食べるようにしていましたよ。

妊娠の初期の段階は、つわりの影響もあってか食欲もあまりでませんので、私の場合、冷蔵庫に常にヨーグルトを沢山常備しているというのが日常でした。

適度な運動を

妊娠中はなにかと運動不足になりがちです。
かといって、妊娠の初期はまだお腹の赤ちゃんも安定した状況ではありませんので、激しい運動は絶対にNG。

軽いウォーキングなどをして、普段行かないような公園、神社などを散策してみてはいかがですか?
気分転換にもなりますし、体調に問題がなければ積極的に散歩をしに行きましょう。

便秘薬は控えましょう

妊娠中の便秘薬は、控えるようにしましょう。
漢方も同じです。

あれって、下剤的な役割でお腹によい影響があるとは到底思えません。

それに、便秘薬、便秘対策の漢方って、確かに飲むとお通じはよくなるのですが、結構つらい腹痛を覚えませんか?

酷い便秘の時は主治医に相談

2~3日お通じがないというのでしたら、多分特に問題がないと思いますが、1週間も出ないとなると、それはかなり深刻な便秘だと思います。

また、あまりにも便秘が酷いと痔になりやすいそうです。

妊娠初期はあまりお薬に頼るのは良くないのかなぁと思いますが、妊娠時用の赤ちゃんに影響のない便秘薬というのもあるそうですので、「1週間もお通じがない」なんて状況になったら遠慮なく主治医に相談してお薬を処方してもらうようにしましょう。

コメントを残す