格安SIMって電話番号はかわっちゃうの?

今までガラケーや、大手キャリアとスマホの契約していた方は、格安SIMに乗り換えたとしても、電話番号がかわってしまうのでは、格安SIMに乗り換えるのにちょっと躊躇してしまいますよね。
「お友達や仕事先に一々連絡するの面倒くさいなぁ」って。

ご心配はいりません。
格安SIMもMNPに対応している所がほとんどなので、今使っている携帯番号をそのまま使うことができます。
このページではMNP(モバイルナンバーポータビリティ)を使って格安SIMに移行する流れをご紹介します。

携帯番号を引き継ぐための手順

まず、大手キャリアにMNPによって転出することを告げます。
この方法はいくつかあって、店頭で申し込む、電話で申し込む、インターネットで申し込むなど手段がいくつかあります。

キャリア 店頭 電話 インターネット
ドコモ ドコモショップ 携帯 151
一般電話 0120-800-000
マイドコモにログインしてオンライン手続きをする
au auショップ 携帯、一般電話
0077-75470
マイau→申し込む/変更する→au MNP
ソフトバンク ソフトバンクショップ 0800-100-5533 マイソフトバンク→設定申し込み→設定変更→契約者情報の変更→MNP予約関連手続き

大手3キャリアによって手続き方法は異なりますので、参考にしてください。

MNPで転出をする場合には、2,000~3,000円の事務手数料が取られます。
格安SIMでも初期費用として3,000円くらい掛かってしまいますが、格安SIMに乗り換える場合は、意外と雑費のようなものが掛かってしまうんですね。
といっても、ずっと大手キャリアを使い続けることを考えたら、数ヶ月で元を取れてしまうので、必要経費と考えておきましょう。

また、MNPの予約番号を発行してもらうだけでは、費用がかかりません。
MNPにより他のキャリアや格安SIMと契約することによって、元のキャリアとの契約が解除されることになり、そこで初めてMNP転出の費用がかかります。

また、MNP予約番号には15日ほどの有効期限がありますが、その有効期限が切れたからといって特になにか損をしてしまう、ということもありませんので、MNPの予約番号の発行は気軽に行えますので、安心してください。

MNPで格安SIMに乗り換える場合の注意点

今まで使っていた電話番号をMNPによって格安SIMでも使い続けることはできますが、MNPで格安SIMに乗り換える場合の注意点がいくつかあります。

格安SIMによって必要な有効期限が違う

店頭で行う場合は、ほとんどが有効期限内であれば契約することができますが、インターネットなどを通じて格安SIMとMNPによって契約する場合は、必要な有効期限が違います。

たとえば、ラインモバイルはMNPの有効期限が10日以上ある必要があります。
ミオフォンはMNPの有効期限が7日以上必要があります。

これは格安SIMによって様々なので、これから契約する格安SIMのウェブサイトで確認してください。

といっても、MNP予約番号の発行だけでは手数料も掛かりませんし、期限内に転出しなかったからといって、ペナルティーのようなものは一切ないので、そこまで心配する必要はないかなと思います。

ただ、2年縛りなどの関係で、早く乗り換えてしまわなくてはならない人もいるので、そこはMNPの有効期限をしっかりとチェックするようにしましょう。

不通期間がでることもある

新規で契約する場合は、そもそも考える必要がありませんが、今までの番号を格安SIMでも使い続けたい場合は、回線を切り替えるため携帯電話が一時的に使えなくなる、という不通期間が出てしまう場合があります。

こちらも格安SIMによって、どのくらいの不通期間が出てしまうのかは様々なので、契約する格安SIMのウェブサイトで確認するようにしましょう。

仕事などで不通期間が出てしまうのは困る!と言う方は、店舗を持っている格安SIMと契約するのがベストですね。