妊娠前から気をつけよう。体内に取り入れて良いもの、悪いもの

めでたく妊娠したことが分かると、大半の女性は体内に取り入れるものは気を使います。

だけど、私の経験上ですが妊活中は意外と体内に取り入れるものは気を使わないものです。

そして、妊娠したことが分かってから、「あの時飲んだもの、食べたものってどうなんだろう・・・お腹の赤ちゃんに影響でないか心配」という気持ちがとても出てきます。
母親になる目覚めの一歩なのかもしれませんが、心配してやきもきしててはお腹の赤ちゃんも心配になっちゃいます。
ここでは、体内に取り入れては良いもの悪いものを見て行きましょう。

妊娠中体内に取り入れるもので一番気をつけなきゃいけない時期は妊娠4~10週くらいまでと、お医者さんに言われました。

その頃はお腹の赤ちゃんも心臓など体の大事な部分を頑張って作っているので、とても敏感な時期らしいです。

だけど、妊娠4週目なんて体調に特に変化はない時期ですし、頻繁に妊娠検査薬などを使っていないと、妊娠したかどうか分からない時期なんですよね。

だから、妊活を心がけた時から常に自分の体には注意を払っておく、ということがとても大事です。
自分のためじゃなくて、かわいい自分の子供のためだと考えたらそんな事苦もないですよね。

お薬について

風邪薬や頭痛薬など一般に市販されているお薬は回数と量を守っていれば大丈夫といわれました。

ただ、何らかの持病をもたれてる方でそのお薬を飲み続けている場合は、担当の医師に聞いたほうがいいみたいですね。

私の場合、妊娠がわかって産婦人科に通ってすぐに、「持病で何か薬飲んでいますか?」と聞かれましたが、やっぱり薬の中にはお腹の赤ちゃんに影響を与えてしまう恐れのある薬もあるんでしょう。
今飲んでいる薬を処方してくれているお医者さんに「妊娠してても大丈夫ですか?」と聞いておくのがBESTだと思います。

また、妊娠がわかってから何かの病気になり薬を処方してもらう場合にも、必ず妊娠中であること、をお医者さんに伝えるようにしましょう。

サプリメント

普段は「サプリメントは薬じゃないから気軽に飲める」といって、サプリメントを服用されている方もいらっしゃると思います。

確かに、サプリメントは栄養補助的な意味合いだから体に悪影響を及ぼすことはないように思いますが・・・

実は、ビタミン系のサプリメントは注意が必要です!

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ビタミンA、ビタミンDは脂溶性ビタミンであって、過剰に摂取してしまうと体内に蓄積されてしまい、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼしかねないんです!

容量を守れば・・・と思いますが、サプリメント以外でも食物からビタミンA Dを摂取してしまいます。
レバーやうなぎなんかもビタミンAが豊富なので、妊娠前は「貧血にいいから」と食べる機会も多かったかなと思いますが、妊娠が判明してからは要注意です!

容量を守れば・・・とも言えますが、お腹の赤ちゃんの万全を期すためにも妊娠の4~10週目くらいまではビタミンA ビタミンD系のサプリメントは辞めておいたほうが得策だと思います。

逆に、ビタミンB ビタミンCは水溶性のビタミンであるため過剰な分はおしっことして体外に排出されてしまうので気にする必要はありませんよ。

カフェイン

私は妊娠前はコーヒーは大好きでしたが、妊娠中は飲むのを控えました(泣)

カフェインもお腹の赤ちゃんには影響はあまりよくないらしいです。
カフェインを分解するのに沢山の時間がかかっちゃうらしく、控えたほうがよろしいとのことでした。
ですが、担当の医師の「1日1杯くらいなら大丈夫だよー。」というお言葉に甘え、多少飲みましたけど(笑)

妊娠初期の段階は基本的にハーブティーやお水を飲むようにしていました。

緑茶や紅茶にもカフェインは含まれているので、お茶が好きーという方も飲みすぎには注意しましょうね。

たばこ アルコール

これについてはもはや論外、語るに足らないという感じでしょうか(笑)

マタニティー体操をやりに行っていたのですが、そこに居た妊婦さんが喫煙していてびっくりしたことがあるのですが。

私は元からタバコは吸わないので、特に問題はなかったですが、喫煙者は十分に注意しましょう。
タバコが吸いたくなったらガムを食べたり、お散歩したり、生まれてくる赤ちゃんの事を考えたりしたらタバコも我慢できるんじゃないですか?
妊娠を気に禁煙できたらいいですね♪

旦那さんが喫煙者の場合も注意してください。
タバコの副流煙の方が何倍も害があります。
ニコチンの影響で血管の収縮が起こり、お腹の赤ちゃんに十分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

そういった害がある、ということをちゃんと旦那さんに話して、どうしても吸いたくなったら外で吸うようにお願いしておきましょう。

アルコールに関してはお医者さんに「あんまり飲みすぎると、赤ちゃんの発達障害の原因になるから控えてね」といわれました。

「どれくらいの量なんですか?」と興味本位で聞いてみたのですが、「缶ビール5~6本、毎日飲み続けたら危険ですよ」といわれました。

 

「それって、アルコール依存の人・・・」と思いましたが(笑)

お医者さん曰く、「ちょっとだったら赤ちゃんに影響はないけど、妊娠中のストレスからお酒を飲み続けてしまう可能性もあるから、妊娠中はお酒は飲まないほうがいいと思いますよ」とのことでした。

妊娠前からお酒を飲む習慣のあった人は注意しておいた方が良さそうですね。

コメントを残す